background movie http://youtu.be/lEEZ5jB5pWk
HOME 日ノ暦
記ノ暦
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
文箱

名前:
メール:
件名:
本文:

Ranking RSSリンク

青島原人の手帖

さまざまな暮らしの肖像をスローに描いています。

春が来たようで

朝からストーブガンガン焚いて、コタツに湯たんぽ二個放り込んで、どこに出かけず高校野球。3点入って(これがみなホームラン)集中力がプツンと切れて、木蓮さんは折り紙でバラを作り始め、私は届いた文具(pilot万年筆キャップレス黒)にインクを入れ始め(pilotの霧雨を選んだ)、バラを折り終わった木蓮さんはゴロリお昼寝に入り、やがて午後四時近くになり、夕方から週一の義母介護に出かけなくてはならず(介護とは名ばかりで、実は夕ご飯の馳走に預かるわけで)、しぐれ雨もようやく上がり、明日から本格の春日和になると予報が言っているけれど、ほんまかいなと首を傾げたりする。一月四日に勃発した騒動から四ヶ月目に入った。一年以内の再発率30%に怖れ戦き、気が抜けず、ストレスも堆積し、ブログもまともに書けず、トレーニングもできず、仕事もできず、ああでもないこうでもないと埒もないことに右往左往。まともに読書もできず、あれも読まねばこれも読まねばと思いつつ、寝床でスマホ「青空文庫」少しづつ。ようやく河口慧海著、長編「チベット旅行記」を読み終えた。次に読み始めたのがビクトルユゴー「ミゼラブル」これまた大長編であっくり来るのだが、次第にハマってきたようで。版権フリーの訳が時代がかっていて面白い。(明治大正昭和期の訳)

ということでようやく春が来たかも。啓蟄に倣ってぼちぼち動くかの。
Station Clock
Profile
ちょっと怪しいかも(・з・)
Milk Counter
命の灯(ともしび)

灯
音楽なかりせば
OTTAVA(オッターヴァ)
Archive/2008〜

Life Log Notebook 翼よ、あれが巴里の灯だ!、、なんちゃって。
糖脳病棟402号室 君の行く道は果てしなく遠い。ホンマ遠いわ。
WALKING & RUNNINIG
水泳・筋トレ &自転車
本の森逍遥 あんさん、いま何処にいてはるん?
図書館 657冊
うちの本棚 120冊