background movie http://youtu.be/lEEZ5jB5pWk
HOME 日ノ暦
記ノ暦
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
文箱

名前:
メール:
件名:
本文:

Ranking RSSリンク

青島原人の手帖

さまざまな暮らしの肖像をスローに描いています。
大學ノート/A カテゴリーの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女たらし太宰を読み始めたこと

2015.10.18、一年ぶりに太宰を読み始める。今年「芥川賞」を受賞したなんとかかんとかが太宰ファンと「告白」していた。なぜか太宰を読んでいると言うのをためらう風潮がある。そうか、作家は太宰を読むのか。しかも相当な入れ込みようだ。全集を舐め回すように深読みし、行間に隠された意味までも読み尽くしているのだろう。昨夜から読み始めた「鉄面皮」、やはりうまいと思った。物語作家の天稟が鋭く光を放っている。わたしの一向に成長しない雑文もなんとなく太宰に似ているのではないかと苦笑してしまった。(もちろん足元にかすりもしないけれど)が再開は6巻から始めることになる。枕の友に悩まなくて済むか。笑。


初めて揃えた全集は「太宰治」(筑摩書房刊全12巻)だった。さまざまな環境変化があったけれど、これだけは手元に残してきた。昭和54年初版と奥付にある。30年眠らせておいたまっさらな全集をようやく紐解くことにした。

津軽への旅を重ねた若い日の記憶が蘇る。金木町にある太宰生家「斜陽館」に泊まり、幼少、少年期を過ごした太宰の余韻を、そこかしこに捜した。折しも「ねぶた」祭りで金木町は喧噪に湧いていた。きらびやかな灯りを点した幾つもの勇壮な山車が、狭い隘路を抜け走る。山車が門(かど)を曲がりきれず勢いあまって家々の庇に衝突する。屋根瓦がガラガラと音を響てながら落下した。「ラッセラー、ラッセラー」と跳ね踊る大勢の人に混じって暑い夏の宵を過ごした。金木町を基点にした津軽の旅は数度に及んだ。下北半島、竜飛岬、蟹田、浅虫温泉、青森、大鰐、弘前、太宰作品に登場する「津軽」舞台ほぼ全てを訪ね歩いた私。
残念なことだが、現在の斜陽館は「記念館」として保存されていて泊まることはできない。無粋なことだ。

参考WEB「青森ねぶた」「斜陽館

あれから30年。紆余曲折、太宰と同じように恥多い旅を重ねてきた。今ならば「女たらし太宰」の全作品を読み切ることができるだろうと。没後60年を経て尚、太宰が読まれ続ける理由は「女」を描いているからに他ならない。矢尽き刀折れた太宰の最後に付き添った女性の名前を「山崎富栄」という。冷たい風を遮る壁となり、太宰を慈しむ聖母となった。一筋、ただひたむきに太宰を守った。結核進行による血痰、吐血までも口吸いするほどの看病、献身を尽くした美しく聡明な女性だった。手練の策士「太宰」は「死ぬ気で恋をしてみないか」と歯の浮くような台詞で山崎を口説いた。太宰ほどの男にいい寄られればひとたまりもなかったはずだ。知り合って僅か一年三ヶ月、昭和二十三年六月十三日夜、互いの身体を紐で固く結び合い玉川上水に身を沈めた。太宰39歳、山崎富栄28歳、共に短い生涯だった。発見されたのは雨降りしきる十九日朝。後に「桜桃忌」として大勢の人が墓前を訪れる日となった。ちなみに私は一度も行ったことがない。桜桃忌なんて、恥ずかしくて行けるものではない。それよりも太宰に殉じた「山崎富栄」の墓標に花一輪手向けたいと思う私。

太宰と関わった田辺あつみ、小山初代、津島美知子 太田静子、山崎富栄の五人の女性はみな不幸のうちに生涯を閉じている。五人もの女性を不幸の坩堝に陥れた「どうしようもない甘えん坊の女たらし」だった。(それって私のことか?笑)現在(いま)にあっても圧倒的な輝きを放ち続ける太宰治文学の優しさと剛さ、類いまれなユーモアとペーソスに満ちた詩人の「心の旅」を再び辿ってみよう。

余談だが、私が言い寄った女たちはみな非情な肘鉄をくれたもの。だから、きっと幸せになっているはずだ。
なんちゃって (●´ω`●)

恋の蛍 山崎富栄と太宰治恋の蛍 山崎富栄と太宰治
(2009/10/17)
松本 侑子

商品詳細を見る


山崎富栄の生涯―太宰治・その死と真実 (1967年)


第1巻 1978.6.15
既読
 
晩年…………………………………………… 3
葉…………………………………………… 5
思ひ出………………………………………23
2014.05.08
魚服記………………………………………65
列車…………………………………………76
2014.05.09
地球図………………………………………81
猿ケ島………………………………………91
雀こ……………………………………… 102
道化の華………………………………… 108
2014.05.10
猿面冠者………………………………… 164
逆行……………………………………… 184
2014.05.11
彼は昔の彼ならず……………………… 202
2014.05.13
ロマネスク……………………………… 246
玩具……………………………………… 272
陰火……………………………………… 280
めくら草紙……………………………… 301
2014.05.14

ダス・ゲマイネ………………………… 313
2014.05.15
雌に就いて……………………………… 345
2014.05.16
虚構の春………………………………… 355
2014.05.17
狂言の神………………………………… 429
2014.05.18

*解題(関井光男)……………………… 451
*校異……………………………………… 466
 

第2巻 1978.7.15
 
創生記………………………………………… 3
喝采……………………………………………22
2014.05.21
二十世紀旗手…………………………………31
あさましきもの………………………………53
HUMAN LOST……………………………………57
2014.05.22
燈篭……………………………………………86
満願……………………………………………95
2014.05.27
姥捨……………………………………………98
I can speak ……………………………… 120
2014.05.28

富嶽百景…………………………………… 124
2014.05.29
黄金風景…………………………………… 147
2014.05.31
女生徒……………………………………… 152
2014.06.01
懶惰の歌留多……………………………… 194
2014.06.03
葉桜と魔笛………………………………… 214
愛と美について…………………………… 223
秋風記…………………………………… 225
新樹の言葉……………………………… 243
2014.06.04
花燭……………………………………… 267
2014.06.05
愛と美について………………………… 294
火の鳥…………………………………… 312
2014.06.07

創生記…………………………………… 373
HUMAN LOST……………………………… 385
2014.06.08
*解題(関井光男)……………………… 409
*校異……………………………………… 421
 

第3巻 1978.8.30
 
八十八夜……………………………………… 3
座興に非ず……………………………………23
美少女…………………………………………27
2014.06.12
畜犬談…………………………………………35
ア、秋…………………………………………52
デカダン抗議…………………………………56
おしやれ童子…………………………………62
皮膚と心………………………………………70
2014.06.15
春の盗賊………………………………………92
2014.06.17
俗天使……………………………………… 131
2014.06.18
兄たち……………………………………… 142
鴎…………………………………………… 153
女人訓戒…………………………………… 170
2014.06.20
女の決闘…………………………………… 176
2014.06.24
駈込み訴へ………………………………… 228
2014.06.25
老ハイデルベルヒ………………………… 246
誰も知らぬ………………………………… 259
2014.06.26
善蔵を思ふ………………………………… 269
2014.06.27
走れメロス………………………………… 289
古典風……………………………………… 304
盲人独笑…………………………………… 323
2014.06.28
乞食学生…………………………………… 342
失敗園……………………………………… 396
一燈………………………………………… 402
リイズ……………………………………… 408
2014.06.30

*解題(関井光男)……………………… 415
*校異……………………………………… 427
 

第4巻 1978.9.30
 
きりぎりす…………………………………… 3
ろまん燈篭……………………………………19
2014.09.25
東京八景………………………………………72
みみづく通信……………………………… 101
佐渡………………………………………… 110
清貧譚……………………………………… 127
2014.09.26
服装に就いて……………………………… 142
令嬢アユ…………………………………… 159
千代女……………………………………… 168
2014.09.27
新ハムレツト……………………………… 185
2014.10.04
風の便り…………………………………… 323
2014.10.07
誰…………………………………………… 369
恥…………………………………………… 382
2014.10.08

*解題(関井光男)……………………… 393
*校異……………………………………… 401
 

第5巻 1978.10.20
 
新郎…………………………………………… 3
十二月八日……………………………………14
律子と貞子……………………………………26
待つ……………………………………………35
水仙……………………………………………39
正義と微笑……………………………………59
小さいアルバム…………………………… 233
花火………………………………………… 244
帰去来……………………………………… 267
故郷………………………………………… 290
禁酒の心…………………………………… 307
黄村先生言行録…………………………… 313
花吹雪……………………………………… 334
不審庵……………………………………… 359
*解題(関井光男)……………………… 371
*校異……………………………………… 379
 2014.10.18

第6巻 1978.11.20
 2015.10.18 一年ぶりに再開始。

鉄面皮………………………………………… 3
赤心……………………………………………19
2015.10.18

右大臣実朝……………………………………21
2015.1029

作家の手帖………………………………… 181
佳日………………………………………… 190
散華………………………………………… 214
2015.10.31

雪の夜の話………………………………… 231
2015.11.02

東京だより………………………………… 238
2015.11.03

新釈諸国噺………………………………… 243
貧の意地………………………………… 247
大力……………………………………… 259
猿塚……………………………………… 271
人魚の海………………………………… 280
破産……………………………………… 296
裸川……………………………………… 307
義理……………………………………… 318
2015.11.07

女賊……………………………………… 329
赤い太鼓………………………………… 339
2015.11.08

粋人……………………………………… 353
2015.11.12
遊興戒…………………………………… 365
2015.11.13
吉野山…………………………………… 374
竹青………………………………………… 385
2015.11.14
六巻読了。コツコツ読み進め一ヶ月かかった。

*解題(関井光男)……………………… 403
*校異……………………………………… 411
 

第7巻 1978.12.20
 
津軽…………………………………………… 3
2015.11.28
惜別………………………………………… 169
お伽草紙…………………………………… 295
2016.01.04
瘤取り…………………………………… 298
浦島さん………………………………… 315
カチカチ山……………………………… 354
2016.01.07
舌切雀…………………………………… 381
2016.01.15

*解題(関井光男)……………………… 407
*校異……………………………………… 414
 

第8巻 1979.1.20
 
パンドラの匣………………………………… 3
薄明………………………………………… 143
庭…………………………………………… 158
親といふ二字……………………………… 164
嘘…………………………………………… 170
貨幣………………………………………… 183
やんぬる哉………………………………… 192
十五年間…………………………………… 199
未帰還の友に……………………………… 225
苦悩の年鑑………………………………… 242
チヤンス…………………………………… 255
雀…………………………………………… 269
たづねびと………………………………… 281
男女同権…………………………………… 293
親友交歓…………………………………… 316
トカトントン……………………………… 340
冬の花火…………………………………… 359
春の枯葉…………………………………… 397
*解題(関井光男)……………………… 441
*校異……………………………………… 451

2016.06.17読了
 

第9巻 1979.2.20
 
メリイクリスマス…………………………… 3
ヴィヨンの妻…………………………………15
母………………………………………………48
父………………………………………………63
女神……………………………………………77
フォスフォレッスセンス……………………90
朝………………………………………………99
斜陽………………………………………… 107
おさん……………………………………… 267
犯人………………………………………… 285
饗応夫人…………………………………… 301
酒の追憶…………………………………… 312
美男子と煙草……………………………… 325
眉山………………………………………… 334
女類………………………………………… 348
渡り鳥……………………………………… 361
桜桃………………………………………… 374
家庭の幸福………………………………… 383
人間失格…………………………………… 397
グッド・バイ……………………………… 515
*解題(関井光男)……………………… 545
*校異……………………………………… 556
 

第10巻 1979.3.20
 
昭和8年
田舎者………………………………………… 4
魚服記に就て………………………………… 5
昭和10年
もの思ふ葦(その1) ……………………… 8
もの思ふ葦(その2) ………………………28
川端康成へ……………………………………35
昭和11年
もの思ふ葦(その3) ………………………40
碧眼托鉢………………………………………55
人物に就いて…………………………………67
古典龍頭蛇尾…………………………………70
悶悶日記………………………………………75
走ラヌ名馬……………………………………80
先生三人………………………………………82
昭和12年
音に就いて……………………………………86
檀君の近業について…………………………89
思案の敗北……………………………………90
創作余談………………………………………96
昭和13年
「晩年」に就いて………………………… 100
一日の労苦………………………………… 102
多頭蛇哲学………………………………… 107
答案落第…………………………………… 111
緒方氏を殺した者………………………… 115
一歩前進二歩退却………………………… 117
富士に就いて……………………………… 119
校長三代…………………………………… 121
女人創造…………………………………… 124
九月十月十一月…………………………… 127
昭和14年
春昼………………………………………… 134
当選の日…………………………………… 136
正直ノオト………………………………… 143
ラロシフコー……………………………… 146
「人間キリスト記」その他……………… 148
市井喧争…………………………………… 151
昭和15年
困惑の弁…………………………………… 156
心の王者…………………………………… 162
このごろ…………………………………… 166
鬱屈禍……………………………………… 172
酒ぎらひ…………………………………… 175
知らない人………………………………… 183
諸君の位置………………………………… 189
無趣味……………………………………… 192
義務………………………………………… 193
作家の像…………………………………… 196
三月三十日………………………………… 202
国技館……………………………………… 205
大恩は語らず……………………………… 207
自信の無さ………………………………… 211
六月十九日………………………………… 213
貪婪禍……………………………………… 215
自作を語る………………………………… 218
砂子屋……………………………………… 222
パウロの混乱……………………………… 224
文盲自嘲…………………………………… 227
かすかな声………………………………… 229
昭和16年
弱者の糧…………………………………… 234
男女川と羽左衛門………………………… 237
五所川原…………………………………… 239
青森………………………………………… 241
容貌………………………………………… 243
「晩年」と「女生徒」…………………… 245
私の著作集………………………………… 247
世界的……………………………………… 248
私信………………………………………… 250
昭和17年
或る忠告…………………………………… 254
食通………………………………………… 256
一問一答…………………………………… 258
無題………………………………………… 261
小照………………………………………… 262
炎天汗談…………………………………… 264
天狗………………………………………… 267
昭和18年
わが愛好する言葉………………………… 274
金銭の話…………………………………… 275
昭和19年
横綱………………………………………… 280
革財布……………………………………… 282
「惜別」の意図…………………………… 286
芸術ぎらひ………………………………… 289
郷愁………………………………………… 293
純真………………………………………… 296
一つの約束………………………………… 297
昭和20年
春…………………………………………… 300
昭和21年
返事………………………………………… 304
津軽地方とチエホフ……………………… 309
政治家と家庭……………………………… 313
海…………………………………………… 315
同じ星……………………………………… 317
昭和22年
新しい形の個人主義……………………… 320
織田君の死………………………………… 321
わが半生を語る…………………………… 323
小志………………………………………… 330
昭和23年
かくめい…………………………………… 332
小説の面白さ……………………………… 333
徒党について……………………………… 335
黒石の人たち……………………………… 338
如是我聞…………………………………… 340
序跋・後記
「地球図」序……………………………… 377
『思ひ出』序……………………………… 378
『東京八景』あとがき…………………… 381
『風の便り』あとがき…………………… 382
『老ハイデルベルヒ』序………………… 383
『女性』あとがき………………………… 385
『富嶽百景』序…………………………… 386
『玩具』あとがき………………………… 387
『猿面冠者』あとがき…………………… 389
『姥捨』あとがき………………………… 390
『パンドラの匣』あとがき……………… 391
『ろまん燈篭』序………………………… 392
『女神』あとがき………………………… 393
「グッド・バイ」作者の言葉…………… 394

田中君に就いて…………………………… 395
犯しもせぬ罪を…………………………… 397
桜岡孝治著『馬来の日記』序…………… 399
村上芳雄著『洋燈』序…………………… 401
豊島与志雄著『高尾ざんげ』解説……… 403
やはらかな孤独…………………………… 406
『井伏鱒二選集』後記…………………… 408
雑纂
俳句………………………………………… 429
ねこ………………………………………… 432
洋之助の気焔……………………………… 433
飾らぬ生水晶……………………………… 451
「二十世紀旗手」断片…………………… 454
「懶惰の歌留多」草稿断片……………… 460
「花燭」草稿断片………………………… 465
「古典風」草稿断片……………………… 471
「大鴉」断片……………………………… 487
『井伏鱒二選集』草案…………………… 489
アンケート………………………………… 493
今月の便り……………………………… 493
作家としての心構へ・覚悟…………… 493
文学賞を与へるとすれば……………… 494
スポーツは下手………………………… 495
文学者として近衛内閣に要望す……… 495
読み落した古典作品…………………… 495
本年度の文学作品で好かれ悪かれ貴下の関心を惹いたものは何か?…… 496
万葉集の好きな歌……………………… 496
私の好きな詩と言葉…………………… 496
若き日の感銘の書……………………… 497
自分の推す新人と文学の方向………… 497
逢ひたいひと…………………………… 498
昭和22年に望むこと…………………… 498
座談会
現代小説を語る(坂口安吾,太宰治,織田作之助,平野謙)…… 501
歓楽極まりて哀情多し(坂口安吾,太宰治,織田作之助)…… 519
補遺
金木の旧正月……………………………… 533
自著を語る………………………………… 534
*解題(関井光男)……………………… 537
*校異……………………………………… 570
 

第11巻 1979.4.20
 
書簡
昭和2年 ……………………………………… 5
昭和4年 ……………………………………… 7
昭和5年 ……………………………………… 8
昭和7年 ……………………………………… 9
昭和8年 ………………………………………18
昭和9年 ………………………………………26
昭和10年………………………………………36
昭和11年………………………………………63
昭和12年…………………………………… 118
昭和13年…………………………………… 127
昭和14年…………………………………… 154
昭和15年…………………………………… 188
昭和16年…………………………………… 209
昭和17年…………………………………… 232
昭和18年…………………………………… 248
昭和19年…………………………………… 259
昭和20年…………………………………… 272
昭和21年…………………………………… 297
昭和22年…………………………………… 357
昭和23年…………………………………… 373
補遺………………………………………… 379
*書簡索引………………………………… 391
*解題(関井光男)……………………… 397
 

第12巻 1979.5.20
 
習作
最後の太閤…………………………………… 5
虚勢…………………………………………… 8
角力……………………………………………24
犠牲……………………………………………28
地図……………………………………………33
負けぎらひト敗北ト…………………………42
私のシゴト……………………………………53
針医の圭樹……………………………………58
瘤………………………………………………65
将軍……………………………………………70
哄笑に至る……………………………………75
口紅……………………………………………83
モナコ小景……………………………………89
怪談……………………………………………97
掌劇 名君………………………………… 109
無間奈落…………………………………… 119
股をくゞる………………………………… 172
彼等と其のいとしき母…………………… 186
此の夫婦…………………………………… 203
鈴打………………………………………… 227
虎徹宵話〔初出〕………………………… 230
虎徹宵話…………………………………… 240
哀蚊………………………………………… 252
花火………………………………………… 257
地主一代…………………………………… 263
学生群……………………………………… 306
雑纂
温泉………………………………………… 387
侏儒楽……………………………………… 388
傴僂………………………………………… 397
雑記………………………………………… 400
埋め合せ…………………………………… 410
再び埋め合せ……………………………… 412
先づ図書室を見舞ふ……………………… 419
文芸時評…………………………………… 421
『蜃気楼』編輯後記……………………… 425
『蜃気楼』巻頭言………………………… 439
『蜃気楼』合評記………………………… 440
青んぼ街…………………………………… 457
『細胞文芸』編輯後記…………………… 458
弘前高等学校『校友会雑誌』編輯後記… 460
綴方・日記・英作文
綴方 〔大正12年〕……………………… 463
日記 〔大正15年〕……………………… 476
英作文……………………………………… 489
*著作年表(山内祥史)………………… 499
*書誌(山内祥史)……………………… 545
*解題(相馬正一)……………………… 585




スポンサーサイト

ファン・ゴッホの旅

ゴッホ書簡全集を読み始めて十日。全六巻すべてを読了するまでおおよそ半年かかると踏んだ。記載されている絵画、作品名に付箋を貼りWEB/図書館で探索する作業を含めるともっとかかるかもしれない。ゴッホが眺めた絵画、読んだ本なども仔細に跋渉してみる。ファンゴッホと共に19世紀末、モネ、セザンヌ、ルノアール印象派が登場した時代の空気を存分に味わい尽くしてみよう。絵画史を辿る旅でもある。

既読

第1巻目次

20150817.jpg


V・W・ファンゴッホの序文

ヨハンナ・ファン・ゴッホ=ボンゲルの序文

フィンセント・ファン・ゴッホの思い出

フィンセント・ファン・ゴッホの思い出への補遺

ヨハンナ・ファン・ゴッホ=ボンゲルの思い出

弟テオへの手紙

ハーグ 
1872年8月〜1873年5月

ロンドン
1873年6月13日〜1875年5月18日

パリ
1875年5月〜1876年3月

2015.10.31
ゴッホ19歳テオ15歳、兄と弟の手紙往還が始まった。自然への憧憬と家族たちの消息と感謝、弟を見守る兄ゴッホの優しさが随所に溢れている。グーピル商会における「商売」としての絵画販売、自分が良いと思う絵画作品への造詣が深まるにつれ、次第に仕事への情熱を喪い、聖書世界への憧れを一段と募らせていく。ついに勤務態度不良の烙印を押され勤め先を馘になる。画家として世に立つ決意をする27歳までゴッホ波乱の生涯の始まりだ。ゴッホ青春真っ只中、多感の人だった。


イギリス(ラムズゲイトとアイルワース)
1876年4月〜1876年12月

フィンセントの説教原稿

ドルトレフト
1877年1月21日〜1877年4月30日

2015.11.09
アムステルダムで神学校受験勉強に向かうゴッホ。神のことばを蒔く人になりたいと激しく希求するゴッホがいる。
自分の居場所を必死に求める魂の揺らぎ、振幅が手紙に綴られている。手紙の中に書かれる自然を観るまなざしのそこかしこに既に画家としてのひらめきが見受けられる。


アムステルダム
1877年5月9日〜1878年7月
2015.11.23
わずか一年あまりで神大学受験勉強を放棄しアムステルダムを去るゴッホ。テオに送られる手紙には常に信仰と絵画のことが綴られてあった。神のことばを蒔く人になりたい。貧しい人々に福音のことばを伝えたい、そのために今している勉強になんの意味があるのかと教師に詰め寄るゴッホ。枠に嵌まりきれない激しい個性。



エッテン
2015.11.28
ボリナージュ-ブリュッセル
1878年7月〜1881年4月

エッテン
1881年4月〜1881年12月

2016.01.13読了



第二巻から第六巻までの目次はその都度記載してゆくことにする。


「直木賞受賞作品」を歩き始める

昭和10年からではなく平成元年から始めてみることに。自ら物語を紡ぎ出す作家たちがよってたかった選んだ直木賞作品が面白くないはずがない。見知らぬ世界、とぼとぼ道草を食みながら。さすが直木賞作品、ほとんどが文庫化されているようだ。カテゴリー「大学ノートA」に足跡を残して行く。

参考資料「直木賞受賞一覧

第101回 平成1年上半期(1989年7月13日) 🔵2016..02.22図書館予約済

🔴2016.02.27読了


🔴2016.03.01読了


第102回 平成1年下半期(1990年1月16日) 🔵2016.02,27図書館予約済

🔴2016.03.08読了


🔴2016.03.09読了


第103回 平成2年上半期(1990年7月16日)🔵2016..03.05図書館予約済

🔴2016.03.11読了


第104回 平成2年下半期(1991年1月16日) 🔵2016..03.05図書館予約済

🔴2016.03.12読了


第105回 平成3年上半期(1991年7月15日) 🔵2016..03.13図書館予約済




🔴2016.03.16読了


🔴2016.03.18読了


平成3年下半期(1992年1月16日)🔵2016..03.21図書館予約済

🔴2016.04.08読了


🔴2016.03.25読了
著者 : 高橋義夫
文藝春秋
発売日 : 1992-03



平成4年上半期(1992年7月15日)🔵2016..03.21図書館予約済



平成4年下半期(1993年1月13日) 🔵2016..03.21図書館予約済

🔴2016.04.04読了





Station Clock
Profile
ちょっと怪しいかも(・з・)
Milk Counter
命の灯(ともしび)

灯
音楽なかりせば
OTTAVA(オッターヴァ)
Archive/2008〜

Life Log Notebook 翼よ、あれが巴里の灯だ!、、なんちゃって。
糖脳病棟402号室 君の行く道は果てしなく遠い。ホンマ遠いわ。
WALKING & RUNNINIG
水泳・筋トレ &自転車
本の森逍遥 あんさん、いま何処にいてはるん?
図書館 657冊
うちの本棚 120冊
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。