FC2ブログ
background movie http://youtu.be/lEEZ5jB5pWk
HOME 日ノ暦
記ノ暦
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
文箱

名前:
メール:
件名:
本文:

Ranking RSSリンク

青島原人の手帖

さまざまな暮らしの肖像をスローに描いています。

それはテレビから始まった。

6月初めにテレビが故障した。テレビに接続しているHDDがイカれた。電気屋ショップの兄ちゃんの言うことにゃ。「それHDDの故障です。こちらをお買い上げいただければ大丈夫です」とよく調べもせずに言ってのけた。ほんまかいなそうかいな疑い目(まなこ)。石橋を四回叩いて渡る検索女王の嫁はんが「純正品」を探し出し、たちまち発注した。純正品で同じ故障が(HDD認識しません)出たならテレビ故障が証明できる。(まことに理屈であります。なんとお利口さんな嫁はんだろう。)

で、試してみたところ、やはり認識しなかった。悲しいことだがテレビ本体故障が立証されてしまった。ううむ、どうしてくれようと切歯扼腕したのだが壊れたものは仕方ない。心だって、身体だって、車だって壊れる。それにしてもわずか6年で壊れるテレビとはなんなのだと天を仰いで慨嘆した。諦めて電気屋に向かい、43インチもあるでっかいテレビを導入した。

電気製品が次々に壊れる、不具合の予感におののき「これから先、どうしたもんじゃろのー」とため息、嘆きの夜を重ねた。そこから始まった総合リフォーム、断捨離推進の日々。その詳細を詳しく書いても埒のないこと。7月09日、ようやく終息地点が見えてきたというのに、、。

今日も今日とて義母さんが40年使った古いミシンを、修理して使いたいのでなんとかしてくれとたっての希望に接した。プラスチック性の最新コンピューターミシンではモチベーションが上がらない、元気がでない、身体に馴染んだミシンが使いたい、このままでは痴呆、介護ゾーンに突入してしまうと恫喝してきた。血統書付き「親孝行ムスメ」検索女王「モクレン様」が調べたところ、山梨に古いミシンを修理する店があることを突き止めた。幾度かのメール往来をし「ここなら信用できる」と判断した。さっそく古いミシンを送らなくてはならない。15〜19キロある鋳型製ミシンを梱包するのは大変だが、親孝行の真似事しなくてはなるまい。今回の断捨離騒動で重たい机だの椅子だのなんだのかんだ運び出し、ずいぶん身体を酷使した。この上さらに重たいミシンを運ぶのはかなわないと思ったが、そこはそれバカ婿のために折角して手料理を振舞ってくれる義母さんの、こころの安らぎ、生きるモチベーション高揚のために、もうひと働きするべと覚悟を決めた。半世紀前のミシンであっても、それをリフォーム、メンテナンスしたいと思う人、全国にかなりいるようだ。世は使い捨て、デジタル時代だけれど、どっこいアナログ残党ここにあり。万年筆と紙、自分の字で書くことに、あくまでこだわる人たちがいるのだ。(私がそうであるように)義母さんの心の訴え、しかと受け止めました。わてにおまかせあれ。実態は、私は「運ぶだけ」、梱包作業だのめんどいことは「親孝行ムスメがすべて担当する。

これが最後の騒動になればいいのだが、スマホ問題はまだ未解決だし、断捨離もまだ道半ばだし、もう一波乱二波乱あるかも。暮らしていればモノは溜まり続けていく。押入れの奥に眠っているもの、使わないもの、いつか使うかもしれないもの、思い出のあるもの、どうしたってすてられないもの、いやはやなんともたいへんだわ。さてさてどうしたもんじゃろのー。人に生死あり、モノにも生死あってしかるべきではないかと。

19世紀イギリスに始まった産業革命以降、大量生産の時代に入った。たくさんモノを作り売り利益を上げなければやっていけないことになった。やがて貧富の差が生まれソビエト連邦などの共産国家が生まれる土壌を作った。戦争災禍が生まれおびただしい人が死んでいった。その陰で武器商人が暗躍し膨大な利益を上げた。ISによるテロ事件は今後も増え続けるだろう。イスラム思想の根底に「政治と宗教」一体具現化がある以上、避けられない。「ジハード」とは戦いを意味する言葉。「戦いに殉じれば神が愛でてくださる」が根本思想だからどうにもこうにもならん。誤解されがちだがイスラム教にあっての「ジハード」は「信徒のための平和な暮らしを守るための戦い」を意味する。個人内面、よくなりたい、人によくしてあげたいという思想を具現化する戦いも同じく「ジハード」の言葉をあてる

米国が正義の名の下にイラク侵攻を断行してから世界史の流れが変わった。ニューヨークビル突入から15年、世界はますます混沌としてきた。無差別テロ暴力の連鎖はまだまだ続く。米国追従しか能のないニッポン、今日は国政選挙投票日、憲法問題を争点にしないスタンスで自民党は巧妙な作戦を立てた。先の展望を明確にできない野党連合はまたしても与党に敗北することだろう。ひとたびは政権与党を手にした民進党は、いまにいたってもなお目を覚まさない。議席にこだわるその他有象無象野党は(共産党は除く)すべて解体し出直すべきだった。それができなかった理由は、一にも二にも私利私欲の「議席」確保にこだわったからだ。この国にあっては二大政党政治など100年経っても実現しないだろう。期待してはいけない。政治に100%などありえない。誰もが納得満足する政治など古今なかった。権門上に驕れども社稷(国家、民の暮らし)を念うこころなしと言うけれど、ほんまそのとおりや思うわ。

さて清き一票を入れてくるかの。蜂の一刺し、蟷螂の斧と斜に構えても始まらない。権利は行使させてもらおう。高校生諸君、よくよく考えて投票するんやで。政治に無関心であってはならない。投票は君たちの視野を広げ、思惟を深める契機になるだろう。20年30年後に君たちの時代がやってくるだろう。君たちの旗を高く掲げてくれ。おおいに期待している。




COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Station Clock
Profile
ちょっと怪しいかも(・з・)
Milk Counter
命の灯(ともしび)

灯
音楽なかりせば
OTTAVA(オッターヴァ)
Archive/2008〜

Life Log Notebook 翼よ、あれが巴里の灯だ!、、なんちゃって。
糖脳病棟402号室 君の行く道は果てしなく遠い。ホンマ遠いわ。
WALKING & RUNNINIG
水泳・筋トレ &自転車
本の森逍遥 あんさん、いま何処にいてはるん?
図書館 657冊
うちの本棚 120冊