FC2ブログ
background movie http://youtu.be/lEEZ5jB5pWk
HOME 日ノ暦
記ノ暦
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
文箱

名前:
メール:
件名:
本文:

Ranking RSSリンク

青島原人の手帖

さまざまな暮らしの肖像をスローに描いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の展覧会は

詩人中原中也が愛児を亡くしたときに詠った詩篇がある。
文也と名付けられた幼子は当時の流行病「結核」でこの世を去った。
文也生きて在りしの思い出の数々、そのすべてに「かなしからずや」の韻を踏ませ絶唱した。
愛するものがこの世を去った哀しみは押し寄せる冬の海のように中也の心を粉々に砕いていった。
愛しい坊やとの思い出、その情景ひとつひとつを想えば胸が塞がる。
東京を離れふるさと山口で再出発しようとした中也も病を得この世を去った。
中也死後70年を経てなお、詩篇は光を放ち続ける。詩人の魂、言葉の力まざまざと。

夏の夜の博覧会はかなしからずや 中原中也

夏の夜の、博覧会は、哀しからずや
雨ちょと降りて、やがてもあがりぬ
夏の夜の、博覧会は、哀しからずや

女房買物をなす間、かなしからずや
象の前に余と坊やとはいぬ
二人蹲(しゃが)んでいぬ、かなしからずや、やがて女房きぬ

三人博覧会を出でぬかなしからずや
不忍(しのばず)ノ池の前に立ちぬ、坊や眺めてありぬ

そは坊やの見し、水の中にて最も大なるものなりきかなしからずや、
髪毛風に吹かれつ
見てありぬ、見てありぬ、
それより手を引きて歩きて
広小路に出でぬ、かなしからずや

広小路にて玩具を買いぬ、兎の玩具かなしからずや

その日博覧会入りしばかりの刻(とき)は
なお明るく、昼の明(あかり)ありぬ、

われら三人(みたり)飛行機にのりぬ
例の廻旋する飛行機にのりぬ

飛行機の夕空にめぐれば、
四囲の燈光また夕空にめぐりぬ

夕空は、紺青(こんじょう)の色なりき
燈光は、貝釦(かいボタン)の色なりき

その時よ、坊や見てありぬ
その時よ、めぐる釦を
その時よ、坊やみてありぬ
その時よ、紺青の空!


       (一九三六・一二・二四)

検診は異常なしだった。
担当医師は順調に快復していますと太鼓判を押してくれた。次の検診は四月七日(金曜日)に決まった。
油断することなく経過観察し再発に備える。昨日、車3台に巻き込まれた親子のニュースが流れた。38歳の母親は次男(一歳)を残し、夫、長男にさよならも告げずにこの世を去った。遺された夫はインタビューに「すべてが思い出になりました」と沈痛な言葉を残していた。さよならを告げる間も無く、なにより自分が遭遇した事故の意味も理解できずに世を去らねばならなかった若いお母さんの無念を思う。遺された者は思い出に縋って生きていくほかない。間違えば私も同じ場面に遭遇していた。あれから一ヶ月、、。


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Station Clock
Profile
ちょっと怪しいかも(・з・)
Milk Counter
命の灯(ともしび)

灯
音楽なかりせば
OTTAVA(オッターヴァ)
Archive/2008〜

Life Log Notebook 翼よ、あれが巴里の灯だ!、、なんちゃって。
糖脳病棟402号室 君の行く道は果てしなく遠い。ホンマ遠いわ。
WALKING & RUNNINIG
水泳・筋トレ &自転車
本の森逍遥 あんさん、いま何処にいてはるん?
図書館 657冊
うちの本棚 120冊
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。